一時払いで注意したい生命保険料控除の扱い


一時払いの保険は、今利用する人が増えている注目の保険商品です。
こうした保険を利用する際に、あらかじめ注意しておかなければならない点がいくつかあります。

保険といっても、一定期間ある一定の額を支払い続けることになるので
決して安い商品とはいえません。入ってから後悔しないためにも事前にチェックしておくことが必要です。

いま注目の一時払いの保険では、役所や税について通常の保険とは異なる
場合があります。その一つに、生命保険料控除があります。
スポンサードリンク

生命保険料控除は、通常の保険の場合毎年受けることができます。
しかし、一時払いのタイプの保険では、保険料を支払ったその年だけしか
生命保険料控除を受けることができません。

何年分かをまとめて支払っているのですが、一年ずつ支払った形ではないので
こうした控除も対象外となってしまうのです。

もちろん保険としては10年間分をまとめて支払ったということになるので
控除を受けることはできますが、それが支払った年だけだということは
意外な落とし穴でもあるので、注意しなければなりません。

一時払いの保険については、メリットや使い勝手の良さから
契約を検討している人も多いようです。
しかし、こうした点についても事前に確認して契約するかどうか検討するようにしましょう。


posted by GUEST at | 控除に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。