一時払い終身保険のデメリットとは


最近では一時払い終身保険を利用する人がかなり増えてきました。
とても人気のある商品なので気になっている人もいるかもしれませんが、
加入する前にはきちんとメリットだけではなくデメリットについても理解しておくようにしましょう。

一時払い終身保険のメリットは支払った保険料よりも高い死亡保障金を受け取ることができる、
相続対策、掛け捨てではないといったところでしょうか。
また、割引率も高いので保険料もかなり高くなるのが人気の理由だったりもします。
一定期間後は返戻率も上昇し、支払った保険料よりも多くの金額を受け取れます。

メリットが多いから良いじゃないかと思う人も多いかもしれませんが、
メリットがあればそれなりのデメリットもあるということを覚えておいてください。

スポンサードリンク

一時払い終身保険のデメリットは一定期間を待たずに解約してしまった場合は
支払った保険料よりも返戻金が少なくなってしまいます。
一時払い終身保険は一年後からすでに100%を超えているわけではありません。
ですので、解約を前提としていて1年や2年後に解約すると損をしてしまいます。

早く死亡してしまった時も保険料の方が高くなってしまうので
こういったデメリットがあることもしっかりと知っておきましょう。

生命保険に加入する時はメリットだけではなくデメリットのことも良く聞いてから加入した方が
より安心して、そしてより納得して加入できるようになりますよ。



posted by 一時払い at | 終身保険について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。