全期前納と一時払いの違いについて


保険の中には全期前納一時払いなどといったものがあります。
どちらも契約時に保険料を全て支払うので同じように思うかもしれませんが、
実際は全期前納一時払いは違うものなのだそうですよ。

全期前納の場合は一括で支払うという形ではなく保険料を計算して
全期間分の保険料を一括で「預ける」といった形のようです。
また、全期前納の場合は保険事故が発生した時に未経過分の保険料が返還されます。

他の保険だと保険をかけてまもなく死亡してしまった場合、
未経過分の保険料が無駄になってしまうことがありますが
全期前納であればそれを避けることができるので、そういった所がメリットとなっています。

スポンサードリンク

これに対して一時払いは文字通り契約時に保険料を一括で支払います。
支払い方法は特に変わりありませんが、保険料の割引率などが
他のタイプに比べると高くなっているので保険料を安くすることができます。
全期前納と比べても保険料は安いのでできるだけ安くしたいという人にはいいかもしれません。

ですが、生命保険料控除は一時払いだと払い込みを行った年のみとなるので注意してください。
全期前納であれば毎年控除を受けられます。

人によってどちらの方が良いのかということは違うと思いますので、
保険に加入しようと思っているのでしたら良く見て違いを理解してから利用するようにしましょう。



posted by 一時払い at | その他の保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。