一時払い養老保険で税金の負担が軽くなる


一時払い養老保険は所得税や住民税といった税金の負担を軽減させる
生命保険料控除といったものを受けることができるのは知っていますか?

所得税や住民税といったものはバカになりませんよね。
税金はいろいろとお金がかかるものですので少しでも軽くしたいものです。
しかし、一時払い養老保険で受けられる生命保険料控除があれば
税金の負担を軽くすることができますので加入しているのであれば受けた方がお得ですよ。

一時払い養老保険で控除を受ける時は生命保険料控除証明書というものが送られてくるので
それを年末調整や確定申告の時に提出するようにしてください。
たったこれだけで税金の負担が軽くなるのですから受けないわけにはいきませんよね。

スポンサードリンク

ただ、一時払い養老保険で生命保険料控除を受ける時は気を付けないといけないこともあります。
それは毎年控除を受けられるようになるわけではないということです。

一時払い養老保険は一度の払い込みで終了してしまうので、
当然控除も払い込みを行った年のみということになります。
これは決まっている事ですので例外などはありません。

もしかしたら勘違いしてしまっている人もいるかもしれませんが、
控除は払い込みを行った年のみですので利用する時は十分に確認するようにしてくださいね。



posted by 一時払い at | 控除に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。